読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちのブログ

旅行と写真と音楽を生きがいにする人間のブログです。

今日、泊まる宿がない!予約いっぱい!どうしよう!?

f:id:lifeisparty1213daim:20160926221522j:plain

 

 

たまたまこのブログに行きついたあなた、今日泊まる宿がないのですか?

急いでる可能性が高いので結論から言いましょう。次の方法をすべて試してみてください。

 

 

 

1.1つの宿泊先斡旋サイト(例えば、じゃらん)だけでなく、他のサイト(例えば、楽天)でも検索をかける。

 

2.(一般的な宿泊先斡旋サイトに載っていない)ゲストハウスや民泊でも良ければ、ゲストハウス(例えば、ふらっと)や民泊サイト(例えば、airbnb)等で検索する。

 

3.「宿泊地 宿」等検索をかけ、宿泊先斡旋サイトに載っていない、個人のホームページを探す(この際次のページへどんどん進むこと)。

 

4.希望条件を満たしているが、ネットでは満室になっている宿1件1件に電話をかけ、空室がないか、空室が出たら連絡がもらえるか、もしくは別の宿を紹介してもらえないか等交渉する(民泊や旅館、ゲストハウスに限られる)。もしくは、宿泊地の歓楽街近くの宿一軒一軒に自分の足を使い、今日泊まれる宿を紹介してもらえないか尋ねる。

 

5.漫画喫茶を探す。

 

6.寒さを凌げて、横になれる場所(バス停のベンチ等)を探す。

 

1について、サイトによって掲載されている宿は違うので、色んなサイトで検索してみましょう。

2について、ゲストハウスや民泊は一般的な宿泊先斡旋サイトに掲載されていない可能性が高いので、民泊やゲストハウス検索サイトで検索してみましょう。

3について、宿泊地がある程度決まっていれば、宿泊地で検索をかけて、ページを進んでいきましょう。案外これで見つかる宿があります。

4について。

僕が昨年、ひたちなか市で開催されるRock In Japan Festivalに行った時の事。民宿がいっぱいで、ダメモトで民泊に電話をしたところ、なんと別の民泊を案内してもらえたのです。その民泊はネットで検索してもひっかかりませんでした。

また、今年しまなみ海道に行った時の事。宿の空きがない状況でとりあえず今治行の夜行バスに乗り込んだ僕。翌日、レンタサイクルで尾道方面に向かっている最中、「ああ、そういえば宿の予約をしていなかった。とりあえず電話してみるか。」と、とあるゲストハウスに電話をした(昨年成功したから変な自信が沸いていた)。そうしたら、一軒目にして「お客様用の部屋は満室ですが、本日特別に部屋が用意できるので、どうぞお越しください。」と、なんと普段は子どもを寝かせている部屋を使わせてもらえたのだ。たまたま、子どもが帰省していたとのこと。なんという運の良さ。

だから4も自信を持って勧められる

4までやっても無理なら、うん、5満喫を探そう。満喫も何もなければ、6寒さを凌げる場所を探そう。

 

ちなみに、僕は5まですべてやってますが、友人は1~5をすっとばして6をやってたりします。僕には無理だ。