読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいちのブログ

旅行と写真と音楽を生きがいにする人間のブログです。

レーベル「UK PROJECT」の音楽を聴け

f:id:lifeisparty1213daim:20161202144555j:plain

表題の通り、この記事を見たあなた。

命令だ。UKPROJECTの音楽を聴け。いや、聴けください。

 

※僕はUK PROJECT(以下UKP)のまわし者ではございません。

    道端に落ちてるただの鼻くそです。

 ・<やあ、鼻くそだよ。見えるかい?

 

「UKP?何そのレーベル?」と思ったあなた。

UKPに過去に属していたバンドはこんな感じ。

 

[alexandros]

毛皮のマリーズ

UNISON SQUARE GARDEN

レミオロメン

THE NOVEMBERS

the telephones

きのこ帝国

椿屋四重奏

base ball bear

うみのて

 

堂々たる顔ぶれ。

今や大人気、イケメンヴォーカル率いるドロス。

名曲、粉雪のレミオロメン

フェスでおなじみ、電話ズ。

うみのて、ここにいたのか。

 

規模は大きいわけではないけれど

良いバンドを数多く輩出しているレーベル

それが、UKP

 

現在、属しているバンドで有名なアーティストと言えば

syrup16gBIGMAMA 

 

友人の多くが大好きなsyrup16g

シロップと言えば、人間臭さや絶望、悲壮感たっぷりの歌詞

そして感情のこもった歌い方が魅力的。

「死にたい」「鬱だ」って人に共感できるようだ。

 

www.youtube.com

僕は特にrebornやshe was beatufulが好きで、歌詞もだが、

どちらかと言うとメロディがとても好きだ。

 

amazarashi好きな僕は、同じ匂いを感じるのに

いまだにしっくりきていない。

amazarashiと比べると、メロディが少し渋いからかな?

あと2、3年したらはまるかもしれない。

ストレイテナーとか7年ぶりに聴いてはまった。)

 

BIGMAMAと言えば、ヴァイオリン交じりのPOPなバンド

高校生の時、ニコニコ動画で初めて聴いたときの衝撃は覚えている。

速攻amazonで「Love and Leave」を注文した。

www.youtube.com

ヴァイオリン弾けたらおれもモテるのかな。

鼻くそだから無理だけど。

あと、なんでBIGMAMAって名前なんだろうか。

「大きな母」だもんな。マウンテンママからきたのか。

 

 

そして、ここからが本題。

本題というか、UKPに目を付けたきっかけ。

 

去年の9月、新木場でのスペースシャワー列伝に参戦した際に、

「なんだここバンドは!鳥肌がやばい」

と1番驚いたのがPELICAN FANCLUB(以下ペリカン

ノベンバを彷彿とさせつつ、個性が出てるバンドだった。

(友人2人はlili limitとbenthamにはまっていた)

www.youtube.com

 

すぐにアルバム全部買っちゃったよ。

今年の6月に出たアルバムなんて全曲気に入って

珍しくamazonでレビュー書いちゃったからね。

www.youtube.com

 久しぶりにアーティスト発掘が楽しくなった僕は

ペリカンがUKPのレーベルに属していることを知り、

そこから同じレーベルのアーティストを深堀りした。

その結果、ペリカン以外にも良いアーティストをたくさん見つけた。

 

odol

もうね、とにかく好き。

ピアノの音、ヴォーカルの声が心地よすぎる。

そして、ドラムのスネア。濡れるわ。

www.youtube.com

楽器隊がごちゃごちゃせずに、

シンプルに、良い音を聴かせようとしてるのが分かる。

こういう「沈黙を恐れない」曲を作るバンドが好きだよ。

 

地下室basementって有名なサイトでも言われたけど

こういうバンドがもっと増えて欲しい。

シンプルに良い音を奏でるバンド。

いや、僕が知らないだけかな?

誰か、こんなバンドを教えてください。

 

そんなわけで、今月10日の下北沢のワンマンライブ参戦するよ。

ワンマンとか、大学生の時参戦した藍坊主ぶりだよ。

 

Helsinki Lambda Club

誤解を恐れずに言うなら

愛すべき馬鹿、それがヘルシンキ

 

www.youtube.com

男性ならみんな共感できることを歌にした「TVHBD」

曲調がむっちゃキャッチーで良い曲なのに、MVがシュールな「all my loving」

愛すべき馬鹿という言い方がしっくりくる。

 

こんな曲だけでなく、

「チョコレィト」のようなシンプルに良い曲もある。

もう、大好きだ。

 

単純に売れるかと言えば、現状だと売れないかもしれない。

少しキャッチーさが足りない印象があるからだ。

ただ、僕は今の媚びないヘルシンキが好きだ。

 

polly

初めて聴いたとき、初期indigo la endを思い出した。

初期indigo la endはとても好きで、大学生の時毎日のように

「さようなら、素晴らしい世界」や「夜に魔法にかけられて」のアルバムを

聴いていた。

 

この曲なんて、まさにそう。

www.youtube.com

ただ、僕は、「沈めてくれたら」という曲のイントロのような

シューゲイズチックな曲が好み。

これからどういう方向に進むのか楽しみだ。

 

 

他にも、ウソツキやDATS、カフカなんかもUKPだ。

これからもたくさん良いアーティスト輩出してくれ。